45 Years on:

誕生から45年を経て、なおも「革命」は続く

Background Triangle

45 Years on:

誕生から45年を経て、なおも「革命」は続く

40年以上にわたってレコードプレーヤー設計の頂点であり続けてきた比類なきLP12。
革命的な存在が、いま新たな次元に突入する。

最新のアップグレードアイテム

Urika II

ユーリカ

LINN は誰も体験したことがない極め付けの音楽再生を実現するためにあらゆる努力を惜しむことはありません。このUrika II フォノステージはLPレコードの音溝から音楽情報をかつてない驚異的なレベルで引き出すことに成功しました。

Urika IIによって不可能なことが可能に。つまり、アナログ再生が一段と高音質になるのです。

詳しくはこちら

Lingo 4

リンゴ

新たに登場するLingo は、よりコンパクトでクレバーなLP12 専用の電源ユニット。

ご愛用のシステムがかつてなかったほどに生き生きとサウンドを奏でるでしょう。抜きん出たLINN テクノロジーにより、ターンテーブルの回転は極めて正確で安定したものとなり、これまで以上に優れた音楽体験がもたらされるのです。

ターンテーブルの回転そのものの質的向上。ほんのわずかな差異が再生音に劇的な変化をもたらします。

詳しくはこちら

Linn Klimax LP12 turntable

クライマックス LP12

レコード再生の頂点

LINN の象徴である全てのLP12 が対象です

LP12 はモジュラー構成を採用しており、ユーザーのご希望に合わせてセットアップできます。選択肢が多すぎるでしょうか?ご心配は無用です。あらかじめLP プレーヤーシステムとして構成内容の決まったモデルがあります。

究極のシステムとしてKlimax LP12、エントリークラスのMajik LP12、その間に位置するAkurate LP12 の3タイプです。従来のレコード再生から想像できるものとは隔絶した音楽体験がどのLP12 からも得られるでしょう。さらには、どんなLP12 であっても構成パーツを一つひとつ換装して現行のフルスペックバージョンまでアップグレードすることができます。

LP12 製品レンジ