21世紀もLP12

LINN にとってのアナログ再生は、1972年の創業以来一度も途絶えることなく、
高音質音楽再生の要として探求し続けていること。
LP12 の存在はそれを実証しています。

シンプルでコンパクトな佇まいのLP12 が、ノスタルジーでは無く、
レコード盤には、「触れることさえできるような、
血の通った鮮やかな音楽の生命が刻まれている」ことを教えてくれたからこそ、
今もなお、最良のターンテーブルとして世界中の音楽愛好家、
オーディオファイルの傍らで、ひと時もその回転が止むことはありません。

音楽に聴き入っているその時、
LP12 の中で何が、どう働いて、音楽に蘇るのか。
そして、LP12 を構成する様々なコンポーネントはどこでどの様に生み出されているのか。

Klimax LP12 を徹底解剖した動画、
「そこで起こっていること」(How does it work? 日本語字幕入り)、公開です。

8分弱のムービーに、3D 画像、キーパーソンのコメントや工場風景も交え、
Klimax LP12 の内側に肉薄。

知っているつもりの事柄が、視覚を伴う体験を通じて、
鮮やかに実感され、ついには、レコードが聴きたくなってしまうでしょう。

どうぞ、ご覧下さい


“This is the LP12″


kandid_close_on_vinyl_front_300dpi