リッピングに関してのご質問

AccurateRipとは、なんですか?

dBpowerampなどが持つ機能で、今行ったリッピングの結果(データ)が然るべきものであるかを比較・確認する機能です。全てのCDではありませんが、過去に世界中の方がリッピングした、そのCDかくあるべしというデータベースが存在し、リッピング完了後に照らし合わせます。比較結果は、各曲毎に表示され、何らかのディスクの不具合などによっては、“正確でない”という結果が出ることもありますし、データベースに情報がなければ“判定できない”という表示となることもあります。
この機能はユーザー全体で支えられているため、ディスクを挿入しリッピングする際に、データベースへの登録について承諾のポップアップ画面が現れることがあります。

iTunesのリッピング設定は、どうしたらよいですか?

iTunesでは、AIFF、AAC、アップルロスレス、WAV、MP3と5種類の保存音声フォーマットがお選びいただけますが、DSはその全てのフォーマットの再生に対応しています。ただし、ポータブルオーディオと違ってご家庭での再生の場合、データ容量をあまり気にする必要がないため、高音質かつ便の良いアップルロスレスでぜひDSをお楽しみください。
・iTunesを起動したのちWindowsなら 編集>設定から、Macなら iTunes>詳細設定から以下の手順でまずフォーマットの変更をしてください。
一般(タブ)>インポート設定>インポート方法を選ぶ>OKをクリック
・同じ画面で保存先の設定を行います。以下の手順でPCもしくはNAS内の指定フォルダを選択してください。
詳細(タブ)>[iTunes Media]フォルダの場所項目の変更ボタン>ファルダを選択>OKをクリック

HDCDのリッピングは、出来ますか?

HDCDフォーマットのCDは、ノーマルなCDとして互換性がありますので、通常のCDプレーヤーで再生できるのと同様に、どんなリッピングソフトでもリッピングが可能ですし、DSなどで再生が出来ます。しかしながら、HDCDの特徴を活かすためには、再生機側にHDCDデコーディング機能を持つ機器が必要で、DSをはじめとするネットワークプレーヤーにはこの機能がありません。
そこで、dBpowerampの優れた機能を利用します。下記のリンクからHDCDリッピングのマニュアルをご覧いただいてDSPの設定を行って下さい。HDCDデコーディングされた24bitファイルが生成され、DSでHDCDの特徴を生かした再生が行えるようになります。