Klimax LP12

Klimax LP12 は40年以上にわたってレコード再生の頂点を極めるべく、絶え間なく性能を追求した 結果の産物です。

構成内容は以下の通りです。

LP12 ターンテーブル
Keel: 精密切削加工によるサブシャーシ
Radikal: モーターコントロールユニットを別筐体とするDC モーター駆動(2021年新仕様リリース)
Urika:本体内蔵フォノステージ もしくは、
UrikaⅡ:EXAKT仕様/本体内蔵フォノステージ
EKOS SE: 超高性能トーンアーム
Kandid:MCカートリッジ

Klimax LP12 本体木枠は天然木仕上げで以下の5種から選択可能。
※2021年11月スリット入り仕様が再リリース(本体価格プラス55,000円税込)
ブラック、チェリー、オーク、ローズナット、ウォルナット。

Radikal のモーターコントロールユニットは Klimax シャーシ、あるいはAkurate スタイルからLinn システムとのデザインマッチングできるように選択可能。いずれもシルバーあるいはブラックの仕上げ有り。

URIKA仕様 ¥4,103,000(税込)
URIKAⅡ仕様  ¥4,158,000(税込)
※いずれもLP12(ノーマル)+RADIKAL新仕様の価格です。(2022年2月価格改定)