LP12 第3世代ベアリングシステム <新製品 KAROUSEL>

■ 新製品 KAROUSEL カルーセル



― ’93年のあの驚きと感動を覚えていますか? ―
「え?これだけで?」
プレーヤー全体から見れば非常に小さい黒い筒状のモノ…。
しかしターンテーブルの紛れもない中心にある
ベアリングハウジング(軸受け)の変更は、LP12から聞こえる音楽を大きく改善しました。
ちょうどリンジャパンが誕生したこの年の出来事 = CIRKUS kitの発売は、
古くからLP12に親しんでおられる方々にとってとても嬉しい驚きとなったのです。

そして、2020年… 再び。



ご存知の通り、まもなく誕生から半世紀を迎えるLP12は、
その間に電源、サブシャーシ、トーンアームなどの
各種アップグレード製品を絶えずリリースして参りましたが、
心臓部であるベアリング・システムに関するアップグレードは、
LP12が誕生してから現在までたったの1回。

今回が2回目のアップグレードであり、第3世代のベアリング・システムとなります。
2代目であった1993 年のCIRKUS アップグレードから数えて
27年後にリリースとなる根本部分のアップグレードです。

常にトップクオリティーをキープするための継続的なアップグレードの中で、
特大のピークとなるジャンプアップをご期待下さい。


「シングルポイントベアリング」と呼ばれるLP12のベアリング方式は、
言うまでもなくLP12の最重要事項のひとつであり、
LINNロゴのモチーフとなったものです。
ターンテーブルは、この1点を中心として文字通り“回転”しており、
ノイズのないクリーンで安定した回転を実現する精密なベアリングが、
優れた音質の基盤です。

プラッターの重量だけをあてにしては、
ある程度の回転ムラをごまかすことはできても、
クリーンな回転は実現できません。

詰まりや濁りのないこの上なくオープンなサウンドのために、
今までの水準を遥かに超える精密さをKAROUSELは提供致します。

例によってこのKAROUSEL アップグレードは、
生産年代を問わず世界中全てのLP12 mechanics が対象となり、
10万人を超える史上最高のプレーヤーを
お使いのユーザー様に恩恵を与えるものです。


Refined Motion ― 洗練されたモーション
設計の革新と最新素材の組み合わせによって、極上の回転を実現します。
工作精度の向上は、製造過程の偏差を極限まで小さくし、
ベアリングライナーのスピンドル・サポートを改善させます。

スピンドルの先端を受け止めるスラストパッドには、
Diamond-Like カーボンコーティングが施され摩擦を極小とし、
シングルポイントベアリング機構と相まってLP12の静粛性を高めます。


Greater Stability ― スタビリティーの向上
素材として選定されたステンレススティールと新しい全体設計は、
プラッター、スピンドル、ベアリングハウジング(軸受け)、
サブシャーシ間で、強力な結合を実現させます。

この設計のキーとなっているのは、以前のベアリング構造で
最も強度の低かった軸受けユニットとサブシャーシ間の固定方法を、
強力なロックナットによる新しい方式に変更すること、
そして小型で剛性の高い形状と新しいカーボンコーティングを採用した
スラストパッドを強固にハウジングすることで、
プラッターの回転及びその質量を支える重要なパートが
大きく改善できたことです。

このコンビネーションによって、レコードはより精密に
我々の眼前に音楽を蘇らせるのです。


Longer Lasting ― さらに延伸された寿命
摩擦が低減されることはつまりそれによる素材のダメージを減少させ、
魔法の様に高水準な再生が長く続くことを意味します。
また新構造により、クリーニングや交換時のサービスアビリティーも
大きく向上しました。



製品名 :KAROUSEL Upgrade kit
構成パーツ :KAROUSELベアリングハウジング、インナープラッター、
アース線、スプリング&グロメット大/小&ナット&ワッシャー x3セット

価格 :¥ 135,000(税別)
標準工賃 :¥ 50,000(税別)
発売時期 :2020年4月予定



<備考>
※アップグレードキットは、動的な消耗パーツを交換するパッケージですが、
ベルト及びオイルは付属致しません。
※ KAROUSEL以外のセンタースピンドルやスプリングなどに変更はございません。
※ KAROUSEL (=英語Carousel)は、メリーゴーランドの意味です。