KLIMAX DS/3、KLIMAX DSM/2がDSDファイル再生対応予定

この度、KATALYST を搭載した最新型KLIMAX DS とKLIMAX DSM において、
ハードウェアのみならずソフトウェアの大きな変更を行い、
DSD ファイルの再生に対応いたします。

正式リリースの期日は、現在のところアナウンスはございませんが、
数週間のうちに、上記2機種でのDSD 再生を可能にするファームウェアが
無償でリリースされる予定です。

※すでにベータ版がリリースされていますので、ユーザー様はお試し頂く事が可能です。
ただし、ファームウエアはあくまでもベータ版となりますので、
予測できないバグ等を含む可能性がございますことをご了承の上、
アップデートを行って頂ければと存じます。

<ベータ版ファームウエアの表示方法>
①Konfigの右上の歯車マークをクリックし、
「Device Upgrades」のボックスにチェックを入れます。


②右上の「Close」をクリックし、通常のKonfigの画面を開きます。
③左上の「Updates」に数字が表示されれば、
ベータ版のファームウエアをダウンロード可能となりますので
お使いのKLIMAX DS3、KLIMAX DSM/2へインストール頂くことが可能です。


【DSDファイル再生の概要】
●対象モデル:
KLIMAX DS/3、KLIMAX DSM/2(アップグレードモデルを含む)
●再生追加フォーマット、レゾリューション:
DSF/DFF、DSD64 (2.8224MHz) / DSD128 (5.6448MHz)
●再生方法:
内部DSPによるネイティブDSD 再生を行います。

※ご注意:SPACE OPTIMISATION、早送り、ポーズをはじめとする、
全てのDSP処理はバイパス設定となります。
そのため、EXAKT 再生も行う事が出来かねますことをご了承ください。

LINN_CMYK_Blk [Converted]